年末年始を気持ち良く過ごすためのピンポイントお片付け!

古瀬 友信

暮らしいな
稲村 美由起 さん

整理収納アドバイザー
生前整理アドバイザー認定指導員
清掃マイスター認定講師
TEL:090-1394-9080
HP:http://ameblo.jp/kurasiina

 

JEUGIAカルチャーセンターイオンモール高岡、富山カルチャーセンター、自宅他にて整理収納、生前整理、清掃講座を開催している。また、県民カレッジ自遊塾、生涯学習センター、企業等にて各種セミナーを開催している。

 

早いもので、もう12月。 今年こそは早目に片付けをして、スッキリしたおウチでゆったりと新年を迎えたい!と思っている方は多いのではないでしょうか?
何かと忙しい12月は、少しでも時間が惜しいですよね。そこで、忙しい毎日でも「年末年始を気持ち良く過ごせる家にするためにココだけは押さえたいピンポイントお片付け!」をお伝えします。
片付いていてスッキリ見える家、作業が効率良く行える家にするためには、人の出入りが多い場所、長時間過ごす場所を重点的に片付けると効果的です。そこで

1.キッチン
2.玄関
3.リビング

の順に整理することをオススメします。
作業に取り掛かる前に、箇所ごとにどんなお部屋にしたいのか目指すイメージを描き、計画を立てましょう。年の瀬迫った頃に整理すると、ゴミの収集日に間に合わず、大量のゴミと一緒に新年を迎えることになるかもしれません。作業に充てられる時間を確保しておきます。
花粉症で悩まされている人は今回紹介することを実践してみましょう。

 

お片付け作業のポイント

お片付け作業のポイント

整理したい場所のモノは、一度全部出してしまいます。
そして使っているモノ、今年使ったモノを元の場所に戻し、使っていないモノ、今年使わなかったモノに分け、使っていないモノ、今年使わなかったモノは手放していきます。
でも、使っていないけど思い入れがあって捨てられないモノはどうすればいいの?やはりここが悩みどころですよね。
そんな風に迷うモノは、元に戻さずまとめて箱に入れておき、6ヶ月時間をおいて見直し、これがなくても困らない、必要ないかも?と気持ちの整理がついたモノから手放していきます。
このお片付けポイントをしっかり押さえて、では早速、作業を始めましょう!


1.キッチン

1.キッチン

毎日、家族の食事を作るキッチンは、主婦が長時間過ごす場所であり、整理することで最もその効果が実感できます。キッチンがキレイになるとその達成感と成功体験からエンジンがかかり、次の整理への意欲が湧いて作業がはかどりますよ。
ただ手当たり次第に手をつけてしまうと、かえって収拾がつかなくなり混乱してしまいます。

 キッチンで使うモノは
・調理器具
・食 品
・食 器

の3つのカテゴリーに分けられます。
カテゴリーごとにお片付けポイントをふまえて作業を進めましょう!
買い過ぎていた食品は、年末までに集中して使うことで量を減らせますし、それ以上買い過ぎるのを防げます。

キッチン
キッチン
2.玄関

2.玄関

おウチの顔とも言える玄関。ドアを開けて最初に目に入る玄関がスッキリしていると、気持ちがいいですし、お客様には良い印象を与えます。良い運は玄関から入ってきます。新年を清々しく迎えられるよう玄関をキレイに整えてみませんか?
傘立てに使わない傘が入っていませんか?靴が出しっぱなしになっていませんか?
玄関には、玄関で使う必要なモノ以外は置かないのが理想です。
シューズボックスの中の靴を全て出し、履いている靴、今年履いた靴で必要なモノは元に戻し、それ以外の靴は必要かどうか判断しましょう。家族が多くてシューズボックスの収納量では足りない時は、高さ調節をして棚板を増やすか、棚板が無い場合はつっぱり棒を奥と手前に2本使って収納量を増やすと良いですね。

玄関
玄関

3.リビング

3.リビング

年末年始は特に家族で過ごす時間が長くなるリビングのお片付けは外せません。家族が集まるリビングには自然にモノが集まってきます。年末までにスッキリさせて、居心地の良いお部屋にしたいですよね。
ここで一度、リビングで何をしているかを考えてみると、必要なモノがわかります。「リビングにはリビングで使うモノだけを収納する」と考えるといいですね。先程のお片付けポイントを活用し、テレビボードやリビングボードを整理していきましょう。
テーブルの上には出来るだけモノを置かないようにし、リモコンはまとめて出し入れしやすい箱に入れ、雑誌や新聞は必要なモノだけ残して処分。ペンは必要な本数だけにします。全てのモノに指定席を決め、家族みんながどこに何があるか指定席を把握することで、使ったモノを戻しやすくなります。
お子さんがリビングで勉強しているお宅では、お子さんが一人で勉強道具を出し入れしやすい場所にスペースを作ってあげましょう。

さて、ここまで出来たら、かなりスッキリした印象のおウチになっているのでは?
不要なモノを処分すると心も軽くなり、キレイなキッチンでお料理の腕が振るえます。ぜひ今年は早めに整理を済ませて、気持ちの良いお部屋でのんびり年末年始をお過ごしください。

リビング

リビング


取材協力

取材協力

暮らしいな
稲村 美由起
TEL:090-1394-9080
http://ameblo.jp/kurasiina

 

 

 

特集記事一覧
富山の不動産情報サイト 不動産情報大募集
とりあえずキープ お気に入りリスト
こんな家に住みたい!物件リクエスト募集中!