「防犯対策」

防犯対策について
高嶋 郁 さん

ライフガード北陸
NTフィルム営業本部  本部長
高嶋 郁 さん
ガラス用フィルム施工技能士(国家資格)
防犯フィルム施工技能者
防犯設備士(第05-11597)
富山県認定防犯スーパーバイザー
〒939-3541 富山県富山市水橋沖64-1 電話:076-479-0801
http://www.lg-hokuriku.com

 

 

「自分だけは大丈夫!!泥棒被害に遭うわけない!!」
と思って何も対策していないと、泥棒に狙われやすくなるだけでなく、被害も大きくなってしまいます。
ご自分の命、家族、家、財産を守るために、知識と対策が必要な時代です。

いろいろな侵入盗犯罪と対策

いろいろな侵入盗犯罪と対策

いろいろな侵入盗犯罪と対策

侵入犯罪にもいろいろな種類があります。

  1. 空き巣(誰もいないところを狙って侵入)
  2. 忍び込み(家人が寝ているときに侵入)
  3. 居空き(家人が食事などで一つの部屋に集まっているときに空いている部屋に侵入)

一番多いのが空き巣ですが、空き巣、忍び込み、居空きでも、家の中に侵入して家人が帰ってくるのを待ったり、家人が家の中に居る場合は、はちあわせすることで強盗に変わり、被害が大きくなる可能性があります。

強盗というとコンビニや店舗というイメージが強いのですが、一般住宅も狙われます。
侵入盗と違い、強盗は、脅迫や暴力を用いて他人の金品を奪う事です。金品のありかを聞き出して盗んだり、金品だけでなく女性が狙われたり、証拠隠滅のために放火や殺害といった事例も少なくありません。

このような被害から自分の命、家族、財産を守るために何をすればよいのでしょうか。


泥棒の嫌うもの

泥棒の嫌うもの

犯罪防止4原則
侵入盗の被害からまもるために一番重要なのが、家の中に侵入されないこと!!
侵入されないためには、どんな対策があるのでしょうか。
泥棒が侵入をあきらめる4原則があります。

  1. 侵入に時間がかかること
  2. 明るく照らされる光
  3. 大きな音
  4. 顔や姿を見られること

5分間で侵入できなければ、約7割の泥棒があきらめてしまうことから、まずは5分間守れる対策をとる必要があります。


鍵をかける事!!

鍵をかける事!

ドアの防犯対策

外出時や夜はもちろん、ほんの少しの時間、たとえばゴミだしの時や回覧板を回すとき、短時間でも鍵はかけてください。鍵をかけるときは玄関だけでなく、窓や勝手口も必ずかけてください。
トイレやお風呂場、脱衣所、2階・3階の窓などは換気のために開けておられる方も多いのですが、家を空けるときはそのような窓もしっかりチェックしてください。
この鍵も、玄関や窓に鍵が一つしかついていなかったり、その鍵が古くて簡単に開けてしまえるような鍵ですと、泥棒は「この家は防犯対策に関心のない家」と判断して狙われやすくなりますので、ドアや窓には鍵は2ヶ所以上つけてください。今までの鍵プラス、補助錠をつけることで侵入に時間をかけさせ、侵入をあきらめさせることができます。

 

一番狙われるのは窓!!窓の対策を!!

一番狙われるのは窓!窓の対策!

窓ガラスの侵入例

泥棒が侵入口として一番狙っているのが窓です。
鍵がかかっていても、簡単に鍵の近くのガラスを割り、侵入することができるからです。
ガラスの強化には『防犯フィルム』を窓ガラスに貼るというのが一番手軽で簡単にできる対策です。

防犯フィルムを貼る事で、ガラスを攻撃されても貫通しにくく、時間をかけさせることで泥棒の侵入から守ることができます。泥棒だけでなく、台風や地震などの災害時の、ガラス割れによる被害も防ぐことができます。

そのほか、ガラスを防犯ガラスに交換する、窓の外に防犯面格子をつける、室内側に防犯の柵をつけるという方法があります。

その他のガラスの対策
玄関に出ないで訪問者の対応ができるようにカメラ付きインターフォンを取り付けたり、玄関や死角になる部分には防犯カメラを設置することで泥棒の抑止効果にもなりますし、犯人検挙にも役立ちます。

警備会社と契約し、センサーが反応したら警備員が駆けつけてきてくれるというシステム警備もあります。
家の周りの防犯対策

長く家を空けるときに注意すること

長く家を空けるときに注意すること


旅行や出張、冠婚葬祭などで家を数日空けるときには、泥棒に留守だと悟られない対策が必要です 。

・たとえ1日でも新聞・郵便をとめておく ポストを見れば留守かどうかわかるから。
・室内の、消費電力の少ない電気をつけていく 誰かいると思わせる。
・留守電に、「留守です」といった音声メモを使わない 泥棒は電話で留守かどうか確認することもあります。
・洗濯物の取り忘れがないように 何日も同じものが干してあると、家に居ないと判断されます。
・ご近所さんに、留守にすることを伝えていく 聞いた方は、意識して見ていてくれます。

有形・無形のバリアを張る

有形・無形のバリアを張る


互助防犯と言う言葉があります。
有形・無形のバリアを張って、泥棒を寄せ付けないと言うものですが、有形のバリアは防犯設備・機器のことです。

無形のバリアとは、ご近所間のコミュニケーションです。

泥棒が一番恐れているのは【人の目】です。

ご近所間で、日頃挨拶を交わすなどのコミュニケーションを大切にし、明るい町にすることで泥棒を寄せつけない町にすることができます。

イメージ

取材協力

取材協力

ライフガード北陸
NTフィルム営業本部  本部長
高嶋 郁
〒939-3541
富山県富山市水橋沖64-1
076-479-0801
http://www.lg-hokuriku.com


特集記事一覧
富山の不動産情報サイト 不動産情報大募集
とりあえずキープ お気に入りリスト
こんな家に住みたい!物件リクエスト募集中!